Posted by at

2015年07月31日

Windows8.1からWindows10にアップグレードしてみた。

Windowsの新しいバージョンが公開された日に入手したのはWindows10で、3回目である。
最初はWindows95を夜中に並んで買った。
3.5インチのフロッピー10枚組だったと思う。
このころのパソコンには光学ドライブが装備されていないことも珍しくはなかった。

その次はWindows2000である。
公開された日にマイクロソフトから段ボールの箱に入ったWindows2000シリーズの詰め合わせセットが届いた。
Windows2000とWindows2000サーバーなどがCDでびっしり入っていた。

で、今回のWindows10。
今回はご存知のようにインターネットからダウンロードして入手したのでメディアはない。

マイクロソフトのパソコン用OSはWindows7以外は自分のパソコンにインストールして使ったことがある。
Windows7のインストール用ディスクは所有しているが、それまで使っていたWindowsVistaに不満を感じていなかったので使わないままだった。

今回のWindows10は7月初旬に予約をして、インストールの準備ができましたという連絡をおとなしく待っていた。
7月29日になってもすぐには使えるようにならないということは十分に承知していた。
ところが、ツイッターにWindows10のダウンロードサイトが公開されていてこれを使えばすぐにでもWindows10を使えるようになるというツイートがあふれ始めた。

それでも私は待つつもりだった。

このあと、このブログのアクセスログを見ていて、Windows10のユーザーからアクセスを受けているのを見て突然やる気が出た。

予約アイコンでは互換性があると出ている。
ディスクの空き領域も十分にある。
とりあえず、私のパソコンで動いている常駐ソフトをすべて停止した。

Windows10のダウンロードサイトから64ビット版をダウンロードした。
じっと見ていたわけではないが、およそ2時間弱でダウンロードは終わり、インストールが始まった。
再起動を何回か繰り返して、Windows10の画面を見たのはそれから1時間後だった。

その後我が家に特有のアカウント間違いに気がついてniftyにアクセスできるようになるまで30分ほどかかった。

Microsoft Edgeの文字フォントは嫌いである。
なんとかしたい。

コラムを書いています。
よろしければこちらもあわせてお読みください。

コラムの第10弾です。
[パソコン(PC)のネットが遅くなる原因は?ネット速度が遅いときに試したい8つの改善策]
https://latte.la/column/36619041

パソコンの豆知識を集めて公開しています。
最新記事 ショートカットを利用した標的型攻撃の手口。 


パソコン ブログランキングへ

  
タグ :Windows10


Posted by 一ノ谷博士 at 11:43Comments(0)パソコン関連ニュース

2014年03月06日

Windows XPのサポート終了とデータ移行ツールについてのお知らせ

T&MPCサービス福岡は福岡市を中心にパソコンサポート・修理を行っています。 福岡市内や糟屋郡の方は出張料を無料にしています。
パソコンのトラブルや故障・設定などでお困りの場合はまずは電話でご相談ください。迅速に対応します。
TEL 090-7390-8149


 WindowsXPのサポートは4月9日で終了する。
これ以降はセキュリティ更新プログラムは提供されないようになり、使い続けるのが危険な状態となる。
参考記事 XPサポート終了間近!そのセキュリティリスクとは

そこでマイクロソフトは3月9日以降、WindowsXPを使い続けている方向けに毎月9日にWindows Updateを通じて、移行に関するサポート情報ページへのリンクを含むメッセージをダイアログボックスで通知する。

このメッセージを見たくない人向けには非表示にするためのチェックボックスがある。
これにチェックを入れればそれ以降は表示されなくなる。

もう一つニュースを書いておこう。
マイクロソフトはWindowsXPからWindows8またはWindows8.1にデータを移行するツールを期間限定で無償提供する。
参考記事 Windows XP サポート終了に関する通知およびデータ移行ツールの提供

パソコン修理・設定の依頼はT&MPCサービス福岡


パソコン ブログランキングへ


  

Posted by 一ノ谷博士 at 10:28Comments(0)パソコン関連ニュース