Posted by at

2012年04月24日

ノートパソコンと無線LANの初期設定(福岡県志免町)

T&MPCサービス福岡は福岡市を中心にパソコンサポート・修理を行っています。
福岡市内や糟屋郡の方は出張料を無料にしています。
パソコンのトラブルや故障・設定などでお困りの場合はまずは電話でご相談ください。
迅速に対応します。
TEL 090-7390-8149

福岡県志免町の方から出張サポート依頼です。


Windows7搭載のノートパソコンの初期設定を依頼されました。
伺ってみると箱に入ったソニーのパソコンと同じくバッファローの無線LAN機器がありました。
他に無線LANでの接続を希望のエプソンのプリンタがあります。

まず、ノートパソコンの初期設定から始めました。
最近のは簡単になっています。
キーボードの設定や、時刻、言語に関する質問はありません。
パスワードは依頼人に入力してもらいました。
ここで、LANの設定画面になりました。
依頼人の家にはすでにLAN環境がありますので、バッファローの無線LAN機器の裏側を見てAutoになっているのを確認した上で、ルータとLANケーブルを接続しました。
今回はパソコンがもっている無線LANの設定を利用して接続しました。
AOSSというやつですね。

パソコンの初期設定は無事に終わり、インターネットにも接続できるようになりました。
依頼人の希望に従い、ブラウザを開いたときにでるページもヤフーにしました。

つぎはプリンタとの接続です。
ドライバのインストールは正常に終わり、無線での接続も正常にできました。
しかし、テスト印刷が変です。
薄い。
ヤフーのトップページを印刷してみました。
これも薄くて変です。
買ってきて箱から出したばかりのプリンタなのに、ヘッドのクリーニングをする羽目になりました。
クリーニングをする度に少しずつインクはでるようになっている見たいです。
ヘッドクリーニングでもインクはどんどん減っていくので、購入されたヤマダ電機にもっていくように勧めて今回のミッションは終了です。

パソコン修理と設定の依頼はT&MPCサービス福岡  


Posted by 一ノ谷博士 at 11:17Comments(0)パソコンの初期設定

2012年04月22日

ショートカットキー入門その1

T&MPCサービス福岡は福岡市を中心にパソコンサポート・修理を行っています。
福岡市内や糟屋郡の方は出張料を無料にしています。
パソコンのトラブルや故障・設定などでお困りの場合はまずは電話でご相談ください。
迅速に対応します。
TEL 090-7390-8149

ショートカットキーの入門編です。

カーソル:画面上で入力の位置を示して点滅していたりする。

Shiftキー、Ctrlキー、Altキー、このキーボード上にある三つのキーはシフトキー族と呼ばれていて、単独では押しても何も変化がおきない。
ほかのキーと組み合わせて使う様になっている。
そこで、Ctrlキー+Aを押せというような表現がよく出てくる。
これはCtrlキーとAというキーを同時に押すという意味だが、初心者は同時に押すのは難しいという。
初心者でなくても同時に押すのは難しい。
同時に押せという言葉の正しい実行手順は《シフトキー族のキーを先に押しっぱなしにして、文字キーを押す》である。
その後、速やかに指をはなす。
文字で説明すると大変。(^-^;

Ctrlキー+A:全選択、これはカーソルのある位置を含めた全てのデータが全て選択された状態になる。
選択されているデータの色が反転する。
一度試してみると簡単に理解できると思う。
取り消すときは文字キー以外を押す。矢印キーを押してみてほしい。

Ctrlキー+C:コピー、選択されているデータがメモリー内にいったん記録される。
元データは消去されずに残っている。

Ctrlキー+X:切り取り、選択されているデータがメモリー内にいったん記録される。
元データは消去される

Ctrlキー+V:貼り付け(ペースト)、メモリー内に記録されているデータを貼り付けられる側のソフトで処理できるようにして、カーソル位置に貼り付ける。
メモリー内からデータは削除されないので、何度でも貼り付けを繰り返すことができる。
ちなみにこのデータを消したいときはEscキーを押すとメモリー内がクリア(空っぽ)になり忘れてくれる。

Ctrlキー+Z:やり直し、操作を間違えたと思ったときはこのキーの組み合わせで、やり直しができる。
状況によっては無効になっていて使えない場合がある。


幸せなパソコンライフを送るためにはこれぐらいは覚えておいた方がいいだろう。
キーボードの操作が上手だと他の初心者から感心されたりするかもしれない。

パソコン修理・設定の依頼はT&MPCサービス福岡
  


Posted by 一ノ谷博士 at 14:52Comments(0)パソコン豆知識

2012年04月21日

ネットワークプリンタの設定(福岡県篠栗町)

T&MPCサービス福岡は福岡市を中心にパソコンサポート・修理を行っています。
福岡市内や糟屋郡の方は出張料を無料にしています。
パソコンのトラブルや故障・設定などでお困りの場合はまずは電話でご相談ください。
迅速に対応します。
TEL 090-7390-8149

福岡県篠栗町の方からプリンタの設定依頼を受けた。

具体的な内容はCANONのレーザープリンタ3台に対して、11台のパソコンから印刷できるようにすることである。
クライアントになるパソコンのOSの種類とプリンタの型式を聞いた。
パソコンはWindowsXPとWindows7である。他にWindowsServer2008がある。
ドライバソフトはあるかと聞いてみるとないという答えがあった。
プリンタの型式がわかったので、CANONのホームページから必要なソフトをダウンロードすることができた。
幸いなことにプリンタの種類は違うのに、ドライバソフトはひとつで対応できる。
OSの種類による違いもないようだ。
XP以降のOSであればひとつで対応できる。
これらのおかげで作業時間が大幅に短縮できた。

作業は従業員のみなさんが退出した18時前から始まった。
設定をするためにプリンタの梱包を解いて、起動できる状態にしてもらった。
プリンタとはネットワークによる接続であるからそれぞれにIPアドレスを割り振る必要がある。
WindowsServer2008を起動して、ipconfig.exe /allを実行してみた。
DHCPサーバーがないこととDefaultgatewayのアドレスがわかった。
コンピュータの管理も開いて、DHCPサーバーが設定されていないことを確認した。

次にクライアントパソコンのローカルエリア接続からIPアドレスを調べて個別に手動で割り当てられていることを確認した。
次に現在使われているプリンタのアドレスを調べた。
これはプリンタのポート設定を見れば使われているプリンタのIPアドレスが表示されている。

普通サーバーやプリンタなどにはクライアントパソコンより大きなIPアドレスが割り当てられている。
適当に扱いやすそうなパソコンを使って、最初のプリンタにIPアドレスを割り当てた。
これにはネットワーク経由でIPアドレスを設定できるCANONのソフトを使用した。
これにはSNMPというプロトコルが使われている。

もう一つファイアーウオールにこのプロトコルを通過させるように設定しなければならない。
ただし、簡単である。
メニューが出るのでYesをクリックするだけである。
パソコンの画面に未設定のプリンタが表示される。
そこにはプリンタのMACアドレスが表示されているので、希望するプリンタかどうか確認する。
MACアドレスというのは世界中のすべてのネットワーク機器に割り当てられている一意の番号である。
確認できたらIPアドレスを設定する。

ここまでやったら11台のパソコンにドライバをインストールする。
途中で新しいポートの設定をして、そのときにIPアドレスを指定する。
ドライバのインストールが終わったらテスト印刷をする。
これを11台分繰り返す。

ドライバソフトはUSBメモリーに入れて持っていったのだが認識しないパソコンが2台あった。
仕方がないので、共有フォルダにドライバソフトをコピーしてそこからインストールするようなこともした。
ドライバのインストールが無事に終わったので、残りのプリンタにはプリンタの追加を繰り返すだけである。
ここからはかなりのペースで作業は進んだ。
終わったのは22時過ぎである。
このあと、依頼人からセキュリティ対策の問題や、無線LANのことについて質問を受けた。

パソコン修理・設定の設定はT&MPCサービス福岡
  


Posted by 一ノ谷博士 at 14:41Comments(0)プリンタ関連