Posted by at

2012年05月11日

Cドライブに空きがなくてエラーが出る。(福岡県志免町)

T&MPCサービス福岡は福岡市を中心にパソコンサポート・修理を行っています。
福岡市内や糟屋郡の方は出張料を無料にしています。
パソコンのトラブルや故障・設定などでお困りの場合はまずは電話でご相談ください。
迅速に対応します。
TEL 090-7390-8149

福岡県志免町の方から出張サポート依頼です。


 福岡県志免町の方からご相談を受けました。OSはWindowsXPです。

早速、エクスプローラーを開き、Cドライブのプロパティを確認しました。
容量は25GBで空きは4MBになっています。
よく見ると「このドライブを圧縮してディスク領域を空ける」にチェックが入っています。
圧縮をしてなお、領域を使い切っている状態です。
Dドライブは25GBの殆どが未使用になっています。
とりあえず手作業で空き領域を増やすことにしました。
Windows\tempを開いてこの中身をすべて削除、インターネットオプションから一時ファイルを削除、ごみ箱の中身を解放してみました。
これで空き領域が400MBほどになりました。
次にマイドキュメントにあるはずのデータをDドライブに移すことにしました。
勝手に想像したのですがここに写真や、動画や音源などがたくさんあるのだろうと思ったのです。
ところがそれでも空き領域は1GBにしかなりませんでした。
ここで、思い違いに気がつきました。
何が原因で領域が足りないのかを調べてみました。
各フォルダのサイズを調べるとC:\Windowsのフォルダが27GBあります。
これはCドライブに圧縮がかかっているから収まっているのですがどう考えても通常ではありません。
ファイルを削除しても、空き領域を増やせそうにないこととCドライブの圧縮はしない方がいいことの両方を考え合わせて、CドライブとDドライブを合体することにしました。
これなら圧縮を解除してもそれなりの空き領域が確保できるでしょう。
ソフトはパーティションマスターを使いました。
これで空き領域が確保できて正常に使えるようになりました。
そういえばシャットダウン時にでるといわれたエラーは一度も見ないままでした。

パソコン修理・設定の依頼はT&MPCサービス福岡
  


Posted by 一ノ谷博士 at 10:53Comments(0)パソコン出張サポート

2012年05月02日

モデムの設定を依頼された。(福岡市東区)

T&MPCサービス福岡は福岡市を中心にパソコンサポート・修理を行っています。
福岡市内や糟屋郡の方は出張料を無料にしています。
パソコンのトラブルや故障・設定などでお困りの場合はまずは電話でご相談ください。
迅速に対応します。
TEL 090-7390-8149

福岡市東区の方から出張サポート依頼です。


 モデムやルータの接続をいじっていたらインターネットに接続できなくなったので、モデムの設定をしてほしいという依頼があった。
普通はモデムの設定などはしなくていいはずだがと思いつつ訪問してみた。
NTTのVDSLのモデムである。配線は一見して異常なし。
しかし、とりあえず電話のモジュラージャックにケーブルが接続されていることを確認した。
これが接続されてなければ電話自体ができないから当然異常はない。
次にスプリッタの接続を確認した。
モデム側の接続も確認した。
依頼人はルータのPPPのランプがついていないといっている。
ルータの電源を切ったから設定が消えたんじゃなかろうかなどともいっている。
普通そんなことは起きない。
点検の順番としてはモデム→ルータ→パソコンという感じで進み、モデムに問題がないことを確認してからルータは考えよう。
モデムの全面にあるランプではLINEが点滅している。
これが原因でつながらないのだろうと思いつつ、ノートパソコンをモデムに接続してみた。
正常ならルータがなくてもそれなりの反応があるはずである。
ipconfigを使って状況を見た。
アドレスは169.254.x.xが表示されている。
このアドレスはAPIPAで使われるアドレスだ。
つまりネットに接続されてないということだ。
ここまでやって、依頼人に成り代わって、NTTのサポートに電話をした。
NTTのサポートとモデムに問題があるかマンションのVDSLの設備に異常が起きている可能性があるということで意見が一致したので、後はNTTのサービスマンにまかせてひきあげた。

パソコン修理・設定の依頼はT&MPCサービス福岡
  


Posted by 一ノ谷博士 at 23:28Comments(0)パソコン出張サポート