Posted by at

2015年09月28日

インターネットが遅くて仕事にならない。原因を調べてほしい。

デザイン事務所から電話がかかって来ました。
一週間ほど前からインターネットが遅くなって、文書のやり取りができず非常に困っている。
原因を調べてほしいという依頼を受けました。

依頼人はパソコンがウイルスに感染しているのではないかと疑っているそうです。
事務所に伺ってパソコンを見せてもらいました。

パソコンは2台使われており、インターネットの回線は1台のY!mobileのポケットWi-Fiを利用しています。
これを見て、私は依頼人にインターネットの使い過ぎで通信速度の制限が行われているのじゃないかといいました。

私の話を聞いて、依頼人はポケットWi-Fiの契約内容を調べ始めました。
私はその間、パソコンがウイルスに感染している可能性について調べました。

私にわかったことは、私がデザイン事務所にいる間、インターネットに通常通り接続できていることとパソコンにインストールされているウイルス対策ソフトが150日前から動いていないことです。
幸いウイルスの感染している兆候はありませんでした。

依頼人がY!mobileとやり取りして分かったのは、数日前に大量のデータ通信が行われて、「前日までの3日間のご利用通信量が839万パケット(約1GB)以上 」という制限に引っかかったということです。

依頼人はクライアントに、多量の画像データを送信したといいました。
しかも、メールに添付可能な容量を超えた画像を送って、エラーのメッセージを何度も受け取ったそうです。

インターネットが遅くなった原因は明らかになりました。
依頼人は回線を光ファイバーに変えることを決意したようですが、実際に使えるようになるまでは時間がかかります。

そこでエラーが起きないように、大きなサイズのデータを送る場合には「宅ふぁいる便」を利用することにしました。
これからしばらくは3日で、1GBという制限に引っかからないようにするべく、データサイズに気を付けてインターネットを利用するそうです。

最後に2台のパソコンに新しいウイルス対策ソフトを設定して、退出しました。
職場のインターネット環境をポケットWi-Fiで組むのは難しそうですね。

コラムを書いています。
よろしければこちらもあわせてお読みください。

コラムの第12弾です。
パソコンのデータが読み取れない!光ディスクの保存記録を長持ちさせる方法8つ
https://latte.la/column/42094446

パソコンの豆知識を集めて公開しています。
最新記事 Windows10のMS IMEに新機能「クラウド候補」が追加された。


パソコン ブログランキングへ


  


Posted by 一ノ谷博士 at 10:03Comments(0)パソコン出張サポート