Posted by at

2015年10月16日

ディスプレイの左上に「-」が点滅してPCが起動しない。

パソコンの電源を入れたらディスプレイの左上に「-」が点滅していて、Windows7が起動しない。
パソコンが壊れているのかどうか調べに来てほしいという依頼を受けた。

症状が出る前に何か変わったことがなかったか聞いてみた。
するとUSB接続のSDカードリーダをつないだら赤いランプが一瞬ついただけで、データを読み取れないことがあったといわれた。

パソコンをセーフモードで立ち上げようとしてみたか聞くと、「いや、あなたが来るまではパソコンに触らないでおくことにした」という返事があった。

ここまでの情報を得て、依頼人宅を訪問した。
パソコンは、DellのStudioXPSのデスクトップで、OSはWindows7proである。
まず、電源を入れて症状を見た。
確かに、Windowsの起動までたどり着かず、画面の左上に「-」が点滅している。
依頼人にシャットダウンして、パソコンの裏に接続されているUSBを全部はずすように言った。
再起動するとキーボードが接続されていないというエラーメッセージが出て、停止した。
そこで、キーボードだけつないで、再起動した。
今度は、Windows7の正常起動にたどり着くことができた。
ここで、USBマウスを接続した。
問題はない。

問題がUSBにあるらしいことが分かったので、パソコンに接続されていたプリンタ2台、外付けのHDD一台、SDカードリーダ1台のどれに問題があるのか、いろいろな組み合わせで接続して、パソコンが正常に起動するか試してみた。

その結果、外付けのHDDを接続しているときにパソコンが起動しなくなることが分かった。
そこで、このHDDをパソコンの裏側にあるUSB端子につなぐのをやめて、前面のUSB端子につなぎなおした。
すると、パソコンは正常に起動した。
依頼人はパソコンの前面につなぐのは見た目がよくないとおっしゃる。
そこで再度、パソコンの裏側につなぎなおした。
すると今度は問題なく起動するようになった。
何度か再起動してみたが問題は起きなかった。

原因を調べるために、イベントビューワを開いて、ログを読んでみた。
その結果、USB機器をつないだ時に、プラグアンドプレイのシステムにエラーが出たらしいことが分かった。

今回は依頼人が協力してトラブルを解決できたので、今後同じような事態が起きたときには自力で解決できるだろう。

コラムを書いています。
よろしければこちらもあわせてお読みください。

コラムの第13弾です。
パソコンの容量不足を解消!ハードディスク(HDD)の空き容量を増やす6つの方法
https://latte.la/column/45867636

パソコンの豆知識を集めて公開しています。
最新記事 パソコン画面をキャプチャーするツール Snipping Tool  


パソコン ブログランキングへ
  
タグ :USB


Posted by 一ノ谷博士 at 10:42Comments(0)パソコン出張サポート