Posted by at

2015年08月28日

Windows10でセーフモードを開く方法

Windows10でセーフモードを開く方法にもいくつかあるのだが、そのうちの一つを紹介しよう。

まず、Windowsキー+Rをおす。
これで、「ファイル名を指定して実行」が開くので「msconfig」と入力して、OKをクリックする。

msconfig

システム構成が開くので、ブートタブを開く。
ブートオプションがあるので、「セーフブート」にチェックを入れ、適用をクリックして、OKボタンを押す。

セーフブート

再起動すると、パソコンはセーフモードで起動する。

セーフモードで起動する必要がなくなったら、システム構成を上記と同じ手順で再度開いて、「セーフブート」のチェックをはずす。
これを行わないと毎回、セーフモードで起動してしまう。

もし、セーフモードでインターネットを使う必要があるなら、ブートオプションで、「最小」ではなく、「ネットワーク」を選ぼう。

コラムを書いています。
よろしければこちらもあわせてお読みください。

コラムの第11弾です。
[ パソコンの故障、壊れる原因に!PCの寿命を長持ちさせる3つのコツ ]
https://latte.la/column/39158848

パソコンの豆知識を集めて公開しています。
最新記事 ショートカットを利用した標的型攻撃の手口。 


パソコン ブログランキングへ

  


Posted by 一ノ谷博士 at 11:14Comments(0)

2015年08月15日

Microsoft EdgeにIEのお気に入りを移すには

 Windows 10には、新たなWebブラウザとして、「Microsoft Edge」が搭載されている。
 Windows 10にアップグレードすると、「Microsoft Edge」が既定のWebブラウザとして設定される。
タスクバーにも、Microsoft Edgeがピン留めされる。

 Internet Explorerで登録していたお気に入りは、そのままでは、Microsoft Edgeには引き継がれないが、簡単な操作で引き継ぐことができる。

 お気に入りを引き継ぐには、「Microsoft Edge」の右上にある「…」をクリックし、「設定」の「別のブラウザからお気に入りをインポートする」 を選択、Internet Explorerにチェックを入れてインポートをクリックするだけでよい。

お気に入りのインポート

インポート元のブラウザを選ぶ

 なお、今現在、アクセスできるWebサイトやWebサービスには、Microsoft Edgeで正しく動作しないものもある。
Windows 10には、Windows 7/8.1で使われていたInternet Explorer 11(IE11)も搭載されているので、これらの問題が発生した場合には、IE11を利用しよう。

 IE11を利用するには、画面左下の「WebとWindowsを検索」と書かれた検索ボックスに、「in」と入力して検索するか、「すべてのアプリ」→「Windows アクセサリ→「Internet Explorer」で起動できる。

コラムを書いています。
よろしければこちらもあわせてお読みください。

コラムの第10弾です。
[パソコン(PC)のネットが遅くなる原因は?ネット速度が遅いときに試したい8つの改善策]
https://latte.la/column/36619041

パソコンの豆知識を集めて公開しています。
最新記事 ショートカットを利用した標的型攻撃の手口。 


パソコン ブログランキングへ
  


Posted by 一ノ谷博士 at 11:03Comments(0)パソコン豆知識